アジアのLCC

最近LCCという言葉をよく見かけることが多くなりました。LCCとは英語のLow Cost Carrierの頭文字をとった略字であります。日本語としても定着して使われていますが、強いて日本語で解釈をすれば格安の航空会社といったところでしょう。いわゆる国内にある日本航空やANAといった従来からある航空会社とは一線を画し、LCCは徹底的に安さを求めた航空会社であります。従来からある航空会社の場合は、国際線では食事や飲み物のサービス、国内線でも飲み物のサービスが当たり前のサービスとして提供されています。また荷物も一定量までは無料で預けて運んでもらえたりもします。また機内ではキャビンアテンダントが数多く搭乗しており、何かあればボタン一つですぐに駆けつけて対応をしてもらえます。きめ細かいサービスがやはり従来からある航空会社としての売りでもありました。しかし、最近では必要ないサービスを極力なくして、安い料金で旅行を可能にしている航空会社、LCCが注目を浴びるようになっています。機内ではドリンクや食事は必要な場合のみ提供したり、キャビンアテンダントも最低限の人数しか搭乗していなく徹底的にコストを削減する反面、いかに安い航空料金を提供するかに専念したものであります。以前はアメリカなどでサウスウェスト航空を始めLCCがサービスを提供するようになり、じわじわと存在感を示すようになってきました。その後アメリカ以外の国々にもLCC会社がサービスを始めるようになりました。アジアにおいても先駆的にairAsiaがサービスを始めると予想以上の反響を呼び、話題を集めました。その後も東南アジアなどいくつかのLCCが誕生しています。アジア内といったさほど長時間のフライトでもないため、人々は安さに魅力を感じていることがLCCの台頭を象徴しているといえます。以前は飛行機の旅行など高嶺の花であったものが、だれでも乗れるという存在になってきており、アジア内の移動と交流を飛躍的に広める役割も果たしています。日本でもpeachやjetstarを始め就航を始め存在感を高めて来ています。今後も短距離、中距離の路線においては成長が見込めると思われます。