日本のLCC

どうしても旅客機は費用が高いというイメージが定着していましたが、LCCの誕生により、空の旅はこれまで以上に便利・お得になり、誰にも身近なものになりつつあります。 LCCとは、「ローコストキャリア(Low Cost Carrier)」の略称であり、システムを効率的に設定することで、低価格の運賃で運航サービスを提供している航空会社を指します。 発祥は米国で、世界的に航空規制緩和が進む中、世界各地に数多く誕生してきています。 日本のLCCの先駆け的存在なのが、格安航空会社のスカイマーク(Skymark)です。 ホテル付きのパックツアーなども充実していて大人気の航空会社です。 羽田空港を中心に札幌をはじめ、那覇や、神戸、鹿児島、福岡など九州各地にも就航しており、幅広いエリアをカバーしています。 可愛らしい機体カラーと様々なプロモーションで話題なのが、関西空港を拠点に運行しており、関西から福岡へ3780円~、関西から新千歳へ4780円~など、驚きの低価格が魅力なのがPeach (ピーチ・アビエーション)です。 搭乗手続きやチェックインを利用者自らが行い、機内での飲食サービスも有料で提供するなどし、様々な工夫でコストを削減することにより、低価格での運賃が実現しています。 そして、世界でも格安航空会社の先駆けとして実績を重ねてきたジェットスターも日本での就航を開始しました。 機内預け入れ手荷物の制限や、座席指定を有料化するなど、徹底したコスト削減を行うことで、低価格運賃を実現しています。 成田空港、関西空港を中心に札幌、那覇、福岡などに就航しています。 今後も日本国内のLCCは増えていくと予想され、利用者は旅のスタイルを自由に組み立てやすくなるといえそうです。 近郊の海外であれば、LCCを利用してもっとお得に旅行できます。 就航エリアの拡大も期待され、低価格の運賃で広い範囲に旅行ができる日もそう遠くないのかもしれません。