ヨーロッパのLCC

日本では最近大手航空会社の独占であった国内各地へ飛ぶ飛行機の路線が、新たに参入してきたLCCと呼ばれる格安航空会社によって徐々に競争が激しくなっています。 格安航空会社は飛行機の安全性位以外にかかるコストをできるだけ削ることで、利用者に格安の運賃で利用してもらうことができるようになり人気を集めていますが、利用者にとっては運行上問題なければ割安といいこともあり、最近大変人気を集めています。 格安航空会社の波は日本だけでなく世界各国でも同じような流れがあり、大手航空会社の中にも自分たちのブランド以外にLCCを子会社化して運営している航空会社もあるほどです。 このようなLCC全盛の波はヨーロッパ各国へも広がっていますが、残念ながら現在のところ日本へヨーロッパ各国より直接就航しているLCCはありませんが、タイなどヨーロピアンがバケーションに多く訪れる土地への便を就航していますので、第三カ国経由であればLCCを利用した格安な旅をすることも可能になってきました。 ローコストエアーラインの場合、たとえ国際線であっても預け入れ荷物の制限は非常に厳しいので、ヨーロッパへの旅行であってもできるだけ荷物を少なく軽量化することが、旅をより快適にそして格安にするためにも重要になってきます。 日本から訪れる場合には比較的荷物が多くなってしまい冬の時期ではなく、気候の穏やかで着るものが重くならない夏場の旅行が最適です。 世界各国のローコストキャリア同様実際に、航空券を手配する際にはインターネット上で予約を行いますのでチケットを予約する度に旅行会社へ出かけて予約手配をしたり、窓口で英語その他の外国語を話す必要もなく安心です。 またインターネットがつながる環境であればどこでも予約をしたり、旅程の変更なども行うことができるので非常に便利です。 今や日本だけでなく、ヨーロッパを始め世界各国に飛んでいるローコストキャリアを使った世界一周旅行はもはや夢の世界ではないようです。